アルゼンチンはステーキ天国

      2015/02/08

スポンサードリンク

アルゼンチンの牛肉事情

あまり知られてませんが、アルゼンチンの牛肉の消費量が年間1人あたり60kg!

ペルーを旅行中、アルゼンチン滞在経験があるアメリカ人に
「アルゼンチンの牛肉どうやった?アメリカもお牛天国やけど、アメリカ牛とどう違うの?」と聞くと 

「アメージング!!! 最高にジューシーで、超柔らかくて美味しいぜ!! うちの国の肉? ありゃゴムだな。」

 

アルゼンチンはインフレが激しく、簡単な食事を外でしただけで1,500円ほどかかる。しかし、そこは牛肉国家アルゼンチン。どんなにインフレが激しくなっても、牛肉だけは国の政策で保護されており価格は安定している。

スーパーでサーロインが300gで300円程度。これが格別に美味しいんです。

毎晩ステーキ三昧だったんですが、毎日食べていると飽きてくる。サーロインをガーリックや醤油わさびなど、色々味をかえてみるやっぱり飽きてきます。
そこでカレーライスを作り、豪華ステーキのせをしてみたり、牛ひき肉を大量に使ったボロネーゼを作ってみたり。

▼カレーライス、ステーキのせ&ボロネーゼ
カレーライス、ステーキのせボロネーゼ

■飲むサラダ

こんなに牛肉ばっかり食べて、ちゃんと野菜採ってるの?と思うかもしれませんが、アルゼンチンには【国民的健康飲料水マテ茶】があります。このマテ茶、別名飲むサラダと言われており、ビタミンやミネラルが豊富。
最初はちょっと苦みがあるので慣れないんですが、3日もすると、食事の時も外出する際も常に一緒に。外で飲んでると現地の人に「お!観光客なのに知ってるねー」と言われたりも。アルゼンチンに行った際は是非。

▼噂のマテ茶
マテ茶

      スポンサーリンク

 - アルゼンチン , , , , ,