30代で未経験への職種に転職してみる

      2017/02/14

a0001_008210

一般的に30歳を過ぎると未経験への転職が難しい。ましてや私の場合、29歳から世界一周へ行き1年間のブランクがあった。普通でも再就職が難しいのに、未経験となると狭き門になる。今回はそんな私が30歳で未経験の職種へ転職した事を書きます。

世界一周後の再就職事情

社会人が世界一周などの長期旅行へ行くと、再就職が難しいように聞こえるが意外とそんな事はない。私の知っている限り看護婦、美容師、シェフ、会計士、エンジニアなどの専門職は帰国後もすぐに再就職している。また専門職以外の人でも前職と同業界ならすんなりと戻っている。更には、旅の経験を生かし独立し飲食店のオーナーや雑貨屋、ゲストハウスを経営する人も多い。

要は行く前にどれだけキャリアをつめるかが、帰国後の就職を左右すると言っても過言ではありません。

a1180_007843

未経験の転職事情

キャリアコンサルタントの話によると、若い方(20代)の方が断然有利との事だ。これは柔軟性の問題である。
比較的右も左もわからない20代は教えた事をすぐに吸収し身につけるのが早いと言われてる。逆に30歳を過ぎると、教えた事を発揮するのに時間がかかり、企業側にメリットがないとの事だ。

私の職歴とスキル

簡単に私の職歴を話すと、専門学校(写真)を経て大学へ進学。学生時代はスタジオ、写真事務所で4年間フォトグラファーとして従事。卒業後は正社員として出版社で勤務。出版社に勤務しながらも、毎週土日は編集プロダクションで写真撮影をしたり、結婚式場で撮影業務をしてました。その他、自分のポートフォリオを作成するために独学でHTMLとSEOを勉強しホームページを作成したりと、ハードだったけど充実した日々でした。

a0001_008080

再就職は出版社か写真室

世界一周から帰国後、再就職は出版社か写真室ならスムーズに転職できると確信してました。しかし、これからの人生を考えるとどうしても働くイメージが出来ず...

ホテルの写真室や婚礼業界は閉鎖的な世界で、この数十年既得権益のみで商売をしていた所が多く、新しい試みをしない体質の企業が多く、どうしても働く気が起きなかった。

出版社は僕が働いてる頃から、ドル箱と言われた雑誌が次々と休刊していき、編集者が溢れてきており需要と供給のバランスにズレが発生してきているのが目に見えてわかっていた。実際出版社に勤務していた頃、採用情報を出すと元編集者から現役の編集者まで、尋常じゃない数の応募があった。それくらい出版業界は不況だったのです。

WEB業界に目をつける

帰国後に選んだ職種はWEB関連でした。WEBはここ10年で急激に発展し、今後も発展し続けると確信を持ってました。帰国後はWEBの仕事に就職する事を最優先で就職活動をはじめました。

キャリアコンサルタントに相談してみるものの

再就職活動を始めるにあたり、まず転職サイトで有名な企業のキャリアコンサルタントに相談しました。
結論は「かなり難しい」との回答。
「こんな企業はどうですか?」と勧めてくるのも全て経験ある仕事ばっかりです。
後で知った話なんですが、キャリアコンサルタントという職業はできるだけ多くの人を就職させてインセンティブを稼ぐ職業らしい。私の様な人材には落ちる可能性が多いWEB業界よりも、成約確率の高い出版社や冠婚葬祭を多く勧めるのが理解できます。

a0008_001808

結局は転職サイトを使う

キャリアコンサルタントに相談してもいい方向性に進まないため、結局は自分で転職サイトから応募しました。

よく使ったのはDODAとマイナビ転職。DODAとマイナビ転職は他の求人サイトよりも求人件数も多く、選択肢の多い人も少ない人もかなり活用できる転職サイトでした。

私もこの2つのサイトを活用し、手当たり次第応募しました。

スクリーンショット 2014-05-18 1.38.21

再就職が決まる

とにかく良さそうな企業があれば手当たり次第に応募し、毎日面接に行く作戦をとりました

受ける前に選ぶのではなく、受かってから選ぶという作戦が功を奏し、最終的に数社から内定を頂きました。

合格した理由を聞いてみると、未経験でも人生経験が豊富だったから。WEBの知識はないけど、人生経験なら会社の誰よりも多い。人生経験が多いのは、行動力があるから。行動力があるのは自分に自身があるからとの事でした。

a0003_001885

働いて半年

最終的に選んだ会社は都内に拠点をおき、IT企業には珍しく十数年の歴史があるベンチャー企業です。

働き始めた頃は知らない事の連続で怒られる毎日。新入社員でもないので、教育プログラムがなく、知らない言葉があったら自分で調べるしかありません。挙げ句の果てに入社してすぐ大手企業の大型案件担当になり、毎日終電の日々が続きました。それでも吸収できる事が多いからかこそ苦にはなりませんでした。

働いて半年が経ち、今日も怒られ、まだまだ慣れたとは言えませんが、それでもようやく業界人としてやっとスタートに立てたと思います。

スポンサーリンク


最後にまとめ

30代で未経験に転職したい方。本当に転職したいなら絶対に諦めないで下さい。

コツは気になったら応募です。そして書類で落ちても気にしないで下さい。
数えてませんが、私は書類の段階だけでしたら相当な数を落とされました。
受ける前から企業を選ぶのではなく、受かってから選ぶ。

またキャリアコンサルタントを使うとスムーズに活動ができる気がしますが、転職サイトで探すのが一番の近道です。もしも気になってる業界があるなら、あれこれ考えずまずは応募してみましょう。

      スポンサーリンク

 - 仕事•お金 , , , ,