「 アルゼンチン 」 一覧

無理しても買うべきアルゼンチンのお土産はこれ!

サッカーグッズ

アルゼンチンと言えばサッカー。特に買うべきグッズと言えば、アルゼンチンが誇るクラブチーム、ボカジュニアーズとリーベルプレート。どちらも創設100年を超え、南米でも世界でも有名なアルゼンチンのサッカーチームです。
ブエノスアイレスの街を歩けば、どこに行ってもこの2大クラブのユニフォームやグッズを売っております。最近では2大クラブのユニフォーム以外にもアルゼンチン代表のユニフォームも多いのが印象的。お店の人の話では特に売れているのはメッシのユニフォームとか。そりゃ本場ですからね。

【カメラトラブル】南米のカメラ修理事情

一眼レフを持って長期旅行をしてると起こりうるカメラトラブル。
今回は南米滞在中にCMOSセンサーにゴミ(おそらく皮脂)が入り、自力で清掃するも除去できなかったので、カメラ屋に清掃してもらったお話です。

■CMOSにゴミが入ると写真に映り込む
CMOSにゴミが入ると写真に映り込む。これは一眼レフを持ってる人なら一度は経験した事があるトラブルであろう。絞り値をF4〜F8程度ならあまり映り込まないのだが、F22にするとひどい。これのせいで南米での写真の修正作業で1番大変だったのがゴミの除去だった。

ブエノスアイレス(アルゼンチン)からフランクフルト(ドイツ)飛行機移動

■ブエノスアイレス(アルゼンチン)からフランクフルト(ドイツ)飛行機移動

●飛行機
コンドル航空

●料金
片道61,511円(2012年3月データ、クレジット清算だったので円計算)

●所用時間
約7時間30分(ブエノスアイレス〜パナマシティ)
約3時間(パナマシティ〜サンファン)
約9時間(サンファン〜フランクフルト)

●コメント
2ヶ月以上前に予約。当初はブエノスアイレスからブラジルの国内を2つまたいでフランクフルトに行く便だったが、数日前に欠航になりパナマとプエルトリコを経由してフランクフルトに行く便に変更された。
コンドル航空はとにかく狭い。正直エアーアジアよりも狭く、これを9時間は非常に辛

イグアスの滝のおすすめ安宿(ホステル)

Hostel Iguazu Falls
住所 :Guarani 70, 3308 Puerto Iguazú
金額:70ペソ(ドミトリー、ハイシーズンは80ペソ)
■設備
キッチン、wifiフリー、シャワー、手洗い洗濯場、ロッカー、プール、ハンモック
■コメント
バス停から近い。ブエノスアイレスからの発着便、またイグアスの滝へのシャトルバスも同じバスターミナルから出てる。 またキッチンが広いので自炊派には助かる。

ブエノスアイレスからプエルトイグアスまでのバス移動

■ブエノスアイレス(アルゼンチン)からプエルトイグアス(アルゼンチン)バス移動

●バス会社
CRUCERO DEL NORTE

●料金
907ペソ(当日往復割引、Cama Suite)

●設備
180度リクライニング、ウェルカムキャンディー、清潔トイレ、夕食、朝食、お酒飲み放題、映画上映

ウシュアイアからブエノスアイレスまでの飛行機移動

■ウシュアイア(アルゼンチン)からブエノスアイレス(アルゼンチン)飛行機移動
●飛行機
アルゼンチン航空
●料金
片道26,000円(2012年3月データ、クレジットカード清算)
●所用時間
約3時間30分
●コメント
1ヶ月以上前に予約。アルゼンチン航空のホームページと同額だったので、エクスペディアから予約した。
検索サイトはスカイスキャナー。アルゼンチン航空はアルゼンチンの国営航空なので荷物代はかからず。ウシュアイア空港はフリーwifiあり★
■その他の費用
•ウシュアイア中心街から空港まではタクシーで30ペソ
•ウシュアイア空港税28ペソ(国際線、国内線どちらも空港税あり)

エルカラファテからウシュアイアまでバス移動

■エルカラファテ(アルゼンチン)からウシュアイア(アルゼンチン)バス移動

●バス会社
不明

●料金
563ペソ(2012年3月データ)

●所用時間
約17時間(エルカラファテ〜リオガジェゴス経由〜ウシュアイア)

エルチャンテンからエルカラファテバス移動

■エルチャンテン(アルゼンチン)からエルカラファテ(アルゼンチン)バス移動

●バス会社
Car-Tur社

●料金
90ペソ(2012年3月データ)

●所用時間
約3.5時間

●コメント
座席は自由席。3時間半だが一度トイレ休憩が30分ほどあった。
エルカラファテのバスターミナルは町の中心にある。

ペリートモレノからエルチャンテンまでのバス移動

ロスアンティゴスからペリートモレノまでのバス移動

■ロスアンティゴス(アルゼンチン)からペリトモレノ(アルゼンチン)バス移動

●バス会社
Marga社

●料金
38ペソ(2012年3月データ)

●所用時間
約1時間

●コメント
本当はチリのマーブルカテドラルに行きたかったんだが、チリ側で住民のストライキにより道を封鎖してるとの情報をアルゼンチン側の国境で知り引き返す。

バリローチェからロスアンティゴスまでのバス移動

■バリローチェ(アルゼンチン)からロスアンティゴス(アルゼンチン)バス移動

●バス会社
Marga社

●料金
389ペソ(2013年3月確認データ)

●所用時間
約13時間

●コメント
リクライニングシートで夕食付き。18:00に出発し、ロスアンティゴスに到着したのは7:00だった。手前のペリトモレノまでは、なぜか400ペソくらいだった。なぜ手前が高いのかは疑問。

サンティアゴからバリローチェまでのバス移動

■サンティアゴ(チリ)からバリローチェ(アルゼンチン)バス移動

●バス会社
バス会社不明

●料金
49,200チリペソ(2012年2月データ)

●所用時間
約17時間(サンティアゴ〜オソロ経由〜バリローチェ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
約10時間(サンティアゴ〜オソロ)
約2時間(オソロ待ち時間)
約5時間(オソロ〜バリローチェ)

アルゼンチンからトルコまで移動してみてた。3日間で5回、時計の時間を修正した。

当初の計画では、ブエノスアイレスから南アフリカに飛び、南アフリカからアフリカ大陸を北上しながら、中東に入ろうと思っていた。が!ブエノスアイレス〜ケープタウンに飛ぶ便(マレーシア航空)が運休したので、思い切って中東に飛ぼうと決断した。使った航空会社はドイツのフランクフルトを拠点として格安航空会社LCCのコンドルエアー。

ブエノスアイレス情報 宿情報

ブエノスアイレスのシェラトン近くにある、エセイサ国際空港行きのバス停ではwifiが使える。そしてバスの中でもwifiが使えた。バス停周辺はシェラトンがあるとはいえ、夜は絶対に歩いて行かない方がいい。場所はここ。上野山荘別館の情報ノートに『美味しいチョリパン通り(高級住宅街近くの)』とあるが、たいして美味しくない。

ボカ地区•カミニートに行ってきた。

ボカ地区のカミニートに行ってみた。ボカ地区はアルゼンチンのサッカーチーム、ボカ・ジュニアーズのスタジアムがある有名な地区。ちなみに、このボカ地区、カミート周辺は警察官も多く治安面は問題ないが、カミート以外のエリアは本当に危険だ。間違っても絶対に行かないように。