「 イラン 」 一覧

イラン旅行をまとめた動画が美しすぎる!

  2014/05/17    イラン, 写真・映像

イラン旅行をまとめた動画が美しすぎる!

ここ最近1番の鳥肌動画を紹介します。
ドバイを拠点に働くシンガポール人フォトグラファーのMandy Tay。
2週間のイラン旅行を動画にまとめたんですが、音楽、風景、被写体全てが美しい。あまりの美しさにBBCが特集を組まれるくらいだ。思わずイランのプロモーションビデオかと思うほど。

行った事があるから書けるのですが、この動画に出てくる人の温かさ、美しい建物や風景はリアルです。

この旅最後のエアアラビア。

シーラズ(イラン)からシャールジャ(UAE)を経由してカトマンズ(ネパール)までの飛行機移動

■シーラズ(イラン)からシャールジャ(UAE)を経由してカトマンズ(ネパール)までの飛行機移動
●飛行機
  エアアラビア
●料金
  片道5,000AED 日本円で約22,000円(2012年9月データ)
●時間
  •シーラズ→シャルジャ:1時間
  •シャルジャ→カトマンズ:4時間
●コメント
  シーラズ空港は国内線と国際線で別れている。歩くと15分〜20分ほど。知らずに国内線ターミナルに来た私達は、自分たちのフライトがないと思いプチパニック。タクシーで来る場合は必ず、国際線と伝えよう。尚、運転手が言葉が通じない場合はドバイと連呼すれば間違いない。記憶が曖昧だが、シーラズの中心街から空港までは250円もしなかった。あらかじめホテルのスタッフに適正料金を聞いておくと良いだろう。

シャルジャでは空港近くのホステルを予め予約し一泊した。
*****************************************
•シャルジャ空港→ホステル(タクシー):50AED 日本円で1150円
•ホステル、ダブルベッド・シャワー、エアコン付き:130AED 日本円で2800円
•ホステル→シャルジャ空港(タクシー):40AED 日本円で900円
*****************************************

イラン3

イランを旅してわかった、イランの真実

  2014/01/23    イラン

イランといえば「悪の枢軸」「偽造テレカ」「核開発」など最悪なイメージしかありません。僕も旅行をするまで、イラン人はアメリカ人を皆殺しにするイメージがありました。
イラン人に一番聞かれる質問があります。「イランを旅する前と来た後のイメージはどう違う?」これってすごく寂しいと思います。自分たちが他国では、とてつもなく凶悪なイメージがあると、彼らは理解してるからです。今回は、そんなイラン人にぶっちゃげ自国の政治や宗教心について聞いてみました。

イラン人のお宅に訪問してみる

イラン人のお宅に訪問してみる

  2014/01/21    イラン

イランを旅行していると、どこにいっても「イランへようこそ!何か困った事はないか?よかったらうちに泊まりに来なさい!」って嘘みたいですが、たくさんの方に言われます。人のお家って気を付けってしまって、どうも気が進まない私達ですが、せ

イラン•シーラズの郵便局から、日本へ船便で荷物を送ってみた

イラン•シーラズの郵便局から、日本へ船便で荷物を送ってみた

イラン各地でお土産を買いしすぎた私達。日が経つにつれバックパックが重くなっていくのがわかります笑。というわけで、イラン最後の滞在地シーラズの郵便局から日本に送る事にしました。比較的大きなシーラズの郵便局。到着後、係員に得意のカンペを見せます。

イランの世界遺産ペルセポリス遺跡へ行ってきた

イランの世界遺産ペルセポリス遺跡へ行ってきた

イランが世界に誇る大遺跡「ペルセポリス」に行ってきました。中東の3大遺跡をご存知でしょうか?通称中東の3P、ヨルダンのペトラ遺跡、シリアのパルミラ遺跡、そしてイランのペルセポリス遺跡です。高校で世界史を勉強している方は知ってる名前でしょう。さてペルセポリスの行き方ですが、シーラズからチャータータクシーで1時間半。その他、バスターミナルから2本乗り継いで行けるらしいです。私達は自分たちでタクシーを手配しようと思いましたが、途中で面倒になり、泊まっていたホステルが提携する会社に頼んでもらいました。

イラン4

イランのシーラーズにある「奇跡のモスク」へ行ってみる

今回、シーラズまで来た目的はイギリスの旅行雑誌に奇跡のモスクと紹介された「マスジェデ・ナスィーロル・モスク」に行く事でした。今では日本にもたくさんの記事で紹介されましたが、私達が訪れた2012年9月はまだまだマイナー。それよりもイランを旅する事がマイナーかもしれません。

イランのVIP長距離バス車内

テヘランからシーラズまでの長距離バス移動

  2014/01/12    イラン ,

以前、テヘランからエスファハーンまでのバス移動レポを書きましたが、今回はテヘランからシーラズまでのレポです。
テヘランからシーラズまでは距離にして約900キロ。時間にして10時間以上と言われたので大好きなVIPバスに搭乗。通常40席のところ、約20席程度と広々。イランのVIP長距離バス最高!まさに世界レベル!さあ、今回のお値段は10時間で1700円!VIPなので足を伸ばして楽チン!

マシュハドの夜景

イラン航空に乗ってみた(マシュハド→テヘラン)

年間2000万人の巡礼者が訪れる、イスラム教シーア派の聖地マシュハド。マシュハドまでの電車やバスのチケットは争奪戦。そうなれば、マシュハドから出るチケットも争奪戦です。今回運良くチケットを取りマシュハドまで来る事できた私達。マシュハドから次なる予定地、シーラズへ向かう予定だったのですが、ここでトラブル発生。なんとシーラズまでのバス、鉄道のチケットが2週間先までなし!との事。更には他の地域(テヘラン、エスファハーンなどの主要都市)へのアクセスも全て満杯と、マシュハドから出れなくなる事態に。そこで私達はバス、鉄道を諦め飛行機で他の地域へ出る事にしました。

イスラム教シーア派の聖地マシュハドにある「イマーム・リダー廟」

イスラム教シーア派の聖地マシュハドにある「イマーム・リダー廟」へ行って来た

イスラム教シーア派の聖地マシュハドへ行ってきました。イランの東に位置し、トルクメニスタンやアフガニスタンの国境に位置する街、マシュハド。イスラム教シーア派の聖地があり、毎年2000万人の教徒が巡礼に訪れる。2013年に東京へ1000万人の外国人観光客が訪れると言われてるから、その倍となるとスゴい数だ。ここの最大の魅力は数少ないイスラム教徒の巡礼地(エルサレム、メッカ、メディナなど)の中で、イスラム教徒以外がモスクの中に入る事ができるからだ。ちなみにエルサレムの岩のドームはイスラム教徒以外は中に入ってはいけない。またサウジアラビアにあるメッカは、中に入る事できず、更にはサウジアラビアに入国する事もできないのだ。

イランの長距離バスは運転手が複数人おり、バスに運転手専用の仮眠室まで備えてる

エスファハーンからマシュハドまでの長距離バス移動

  2014/01/11    イラン ,

前回、テヘランからエスファハーンまでの移動を書いた際、イランの長距離バスの快適さについても明記したが、今回も快適な長距離バスで移動。う〜ん、イランのバスって安くて快適。しかも運転手が必ず複数おり、仮眠室まで備えているので安心です。今回は、イランの古都エスファハーンからイスラム教シーヤ派の聖地マシュハドに移動。

イラン雑貨

イランのお土産がお洒落すぎる!その他全部ご紹介!

  2014/01/11    イラン ,

前回、前々回とご紹介したイラン雑貨。
色々紹介してきましたが、きりがなくなってきたので一気に写真でお見せしちゃいます。雑っぽく見えちゃいますが、雑なのはこのブログで、一つ一つが繊細なのがイラン雑貨です。

IMG_7202

イランのお土産がお洒落すぎる!「ペルシャ陶器編」

  2014/01/11    イラン

どんな小さなアイテムも、一つ一つが繊細な色使いでお洒落イラン雑貨。今回は陶器のご紹介です。イラン雑貨って他の中東圏の雑貨と全く雰囲気が違うんです。例えば、最近テレビ雑誌で紹介され人気のモロッコ雑貨。特に若い女性のウケがよく、楽天などのECサイトで人気ですよね。確かにモロッコ雑貨は可愛く、見た目もお洒落です。
イラン雑貨はモロッコ雑貨と違う大きな点は「上品さ」です。お部屋に一つ置くだけで優雅で上品な家に大変身。ちょっと大げさに書きすぎたかも知れませんが、写真を見たらきっと理解してくれると思います。

no image

イランのお土産がお洒落すぎる!「ペルシャタイル」

実はあまり日本人に知られてないですが、欧米のセレブの間で人気のイラン雑貨。どんな小さなアイテムも、一つ一つが繊細な色使いでお洒落なんです。
今回紹介するのはイランの伝統的なお土産、ペルシャタイル。小さなタイルに職人さんが丁寧に手書きしています。その繊細さをよく見ると、もう芸術のレベルを超えてます!職人さんの筆を見せてもらうと、シャーペンか!ってツッコミたくなるほどの細さ。その細い筆で一つ一つ丁寧に作り上げたペルシャタイル。長い年月をかけて細かい作業の行程で作り上げる事で有名なペルシャ絨毯。

イラン1

【感動】エスファハーンにあるイマール広場に行ってみた

イランに滞在中良く聞かれた事。「エスファハーンはもう行った?」です。イランに入国した時から楽しみにしていた場所でイラン人の心の古里と言われたエスファハーンは、その昔、栄華を極めた街イランのエスファハーン。人々はその繁栄と華麗さから、「世界の半分」「イランの真珠」と讃えた。今回、行ってきたのはエスファハーンの中心にある世界遺産「イマール広場」。最初に書いておきます。世界中の国を旅してきましたが、世界で一番楽しい場所はと聞かれた真っ先に「イマール広場」と答えます。