「 アマルフィ 」 一覧

イタリアにある世界で一番美しい海岸線

日本のドライブデートで有名なのは「湘南の海岸線」ですが、世界には思わずドライブしたくなる道があります。今回は私達が行った海岸線で、ダントツの1位「世界で一番美しい海岸線」を紹介します。

【国境を船で越えてみた】アマルフィ→サレルノ→ナポリ→バーリ→クロアチアを1日で移動してみる。

イタリアのアマルフィから、クロアチアのドブロブニクまで1日で移動してみた。■アマルフィからサレルノまでバス料金:3.6ユーロ時間:1時間ほど※前日アマルフィのタバコ屋でバスチケットを購入。朝8時アマルフィ発のバスでサレルノへ。■サレルノからナポリ料金:4ユーロ時間:1時間半ほど※サレルノのキオスクで切符を購入。9:45にサレルノを出発し、11時前にはナポリに着いた。バスの出発時間まで2時間ほどあったので、ナポリ駅のファーストフードで時間をつぶす。その間、ナポリの中華食材屋でカレーのルーや蕎麦を購入。妻は物価の安いナポリで服を購入。

アマルフィで見つけた、おすすめのピザ屋さん

物価の高いアマルフィ。それだけ治安がよく、移民が少なく、安心して街を歩けるという事だが。
海岸に近いレストランで外食をすると、1人50ユーロは簡単に飛ぶ。地元民に安くて美味しいピザ屋さんを聞いたことろ、PIZZA EXPRESSを教えてくれました。店内にある石釜で焼く、本格的ピザを3ユーロ〜提供。個人的なおすすめはアンチョビたっぷりなアンチョビピザ!

フォトグラファーが推薦!プロが教えるアマルフィの写真撮影スポット(夜景編)

前回はアマルフィの写真撮影スポット(日中編)でしたが、今回は【夜景編】。
アマルフィは夜景も綺麗!ギラギラって感じではなく、上品さを感じます。夜景に上品って何だ?っ感じですよね。

フォトグラファーが推薦!プロが教えるアマルフィの写真撮影スポット(日中編)

旅行雑誌、パンフレットの様にアマルフィっぽい写真を撮りたい方。
プロのフォトグラファーがおすすめする、アマルフィの撮影スポットを紹介します。

前回書いた、映画アマルフィのポスターと同じ写真も含めてます。

映画アマルフィのポスターは、アマルフィで撮影してなかった。

アマルフィで仲良くなったガイドさん(日本語ペラペラ)に教えて頂いたんですが、映画「アマルフィ」のポスターはアマルフィではないんです。
え〜?じゃあどこなの?って思っていたら、なんと私たちが泊まってる隣地区アトラーニ。え!それうちらが泊まってる地区じゃん!ビックリです。映画のポスターを見たんですが、確かにその通り。
なんで早速写真を撮ってきた。

アマルフィの安宿(ホステル)

宿泊費の高いアマルフィ。一泊100ユーロからが普通すぎて困る。旅人情報だと、アマルフィから1時間ほど山の上に上がればホステルがあるらしいという情報もあったが、夜景などを撮りたい私たちには無理。
そんな時に発見したのがここ。■A’ SCALINATELLA
料金:25ユーロ(朝食付きドミトリー)
設備:共同シャワー、wifi(部屋はつながらない)、朝食(エクセレント)、宿の前の広場がカフェバーが数件あり雰囲気よし!、オーナーがイタリア人兄弟でとても親切。
アクセス:アマルフィ中心部から徒歩10分。アマルフィの隣地区アトラーニ。

ナポリからアマルフィ(サレルノ経由)までの行き方

【ナポリからアマルフィ(サレルノ経由)までの行き方】■ナポリ〜サレルノまでの移動•料金1番安いチケットはナポリ駅のキオスクで片道4ユーロ。同じナポリ駅の切符販売機だと7.5ユーロ。なぜ?電車で50分程度でサレルノに到着。■サレルノ〜アマルフィまでの移動•料金サレルノ駅構内にあるキオスクでバスのチケットを購入。24時間チケットで7.2ユーロ。90分だと3.6ユーロ。バスはサレルノ〜サレントまで出てる。サレント経由でも同じだと思われる。バスで1時間ほど。海岸線の見える左側がおすすめ。
アマルフィは世界遺産ですが、サレルノ〜アマルフィまでの道のりが、とても美しい。むしろこの道のりが世界遺産ではと思ってしまうくらい。それくらい美しい。

アマルフィに日帰りで行ったけど、あまりにも美しかったので、2泊しました。

イタリアで1番好きな街は?と聞かれたら間違いなく「アマルフィ」と言うでしょう。
それくらい美しい街だった。
美しく、ナポリと違い治安もよく、夜も出歩ける。イタリアで1番住みたいと思える街でもある。
ナポリから日帰りで来たが、あまりにも美し過ぎ、数泊してもっとアマルフィを堪能したいと思えた。この街を日帰りで寄るのはもったいない。