「 郵送 」 一覧

【お土産買いすぎた!】モロッコ•マラケシュの郵便局から、日本へ船便で荷物を送ろうと思ったけど航空便しかなかった。

マラケシュで3日間かけ買い物をしまくった私達。日が経つにつれ部屋の荷物が増えていくのがわかります笑
というわけで、フナ広場近くにある郵便局に行ってきました。
が!なんと船便がない事が発覚。
騙されてるのかも知れませんが私達は「ない!」と言われたのでしかたなく航空便で送りました。
ひょっとしたら今は船便が

お土産を買いまくったので、チュニジア•スースの郵便局から、日本へ船便で荷物を送ってみた。

チュニジアでイスラムグッズやアラブ雑貨をガチ買いしすぎて、バックパックがパンパンになったので、チュニジアのスースから日本へ船便で荷物を送った。

まず、歩き方とgoogleマップを参照しスース中央駅の隣にある郵便局へ行くが、ここではないと言われる。
荷物を送る用の郵便局が別にあるらしく、住所を書いてもらいタクシーで5分ほどの小さな郵便局へ行きました(アラビア語だったので場所不明)。段ボールは隣の文房具屋で購入可。

ドイツ•ベルリンの郵便局から、日本へ船便で荷物を送ってみた。

ドイツ•ベルリンの郵便局から、日本へ船便で荷物を送ってみた。中央ヨーロッパでガチ買いしすぎて、バックパックがパンパンになったので、ドイツのベルリンから日本へ船便で荷物を送った。
今回はベルリン中央駅構内にある郵便局から。駅構内にある小さな郵便局で、窓口が1つしかないので、そこそこ列を作って並んでいたが、おばちゃんのテキパキ仕事でスムーズに発送できた。ドイツ人の仕事の早さは日本並み。よくドイツと日本は似てる(列車の遅れがない。1分でも遅れるとドイツ人がクレームがくる)というが確かにそうかもと2人もと納得。

チリの田舎から船便で荷物を送ったら、1週間で日本に届いた。

チリの首都サンティアゴから車で24時間。
2010年、鉱山落盤事故の現場となったアタカマ州。

事件現場から北に500キロの街カラマ。

この街の郵便局から、ペルーやボリビアで買ったお土産を船便で日本に送ったところ、なんと1週間で届いたのだ。