1ヶ月待ちのパン!! 江東区大島のメイカセブンに行ってきました。

      2018/02/13

スポンサーリンク

テレビや雑誌で話題のメイカセブン。

目玉は何と言っても77%ぶどうパンとうす皮あんぱん。

常に予約1ヶ月待ちと言われてるメイカセブンのパンですが、今回は予約やお店レポートします。

予約について

予約方法は下記内容を確認ください。

  • 予約日(最短はいつか)
  • 受け取り方法(郵送か直接受け取りか)
  • パンの種類と個数

最短の予約日を確認したのち、受け取り方法を確認します。

というのも郵送の場合は、うす皮あんぱんが6個単位での購入になります。

※送料は別途かかります

お店の方の話だと、市販のパンと違い、結構な重さがあるため、送料が結構な値段になること、可能であれば取りにきた方が良いとのことでした。

私たちのケース

電話をしたのは2017年12月7日。

パンを取りに行ったのは2017年12月23日。

私たちの場合は2週間強でした(時期によると思います)。

スポンサーリンク

通常の待ち期間

2017年12月23日に取りいった際は、77%ぶどうぱんは2018年1月24日、うす皮あんぱんは2018年1月26日と掲載されてました。

この時期は1ヶ月待ちになります。

ただし予約分とは別に自由販売分も個数限定で売っているので、待てない方は当日行ってみてはいかがでしょうか。

パンが焼きあがる時間帯

  • うす皮あんぱんは朝
  • 77%ぶどうパンは18時半

うす皮あんぱんは朝焼きあがるので、予約日に行っても渡せますが、77%ぶどうパンは夕方18時半以降に取りに行かないといけません。

私たちは夜の受け取りが難しかったので、翌日昼間取りに行きました。

なので、うす皮あんぱんは当日焼きあがったもの、77%ぶどうパンは前日焼きあがったものを受け取りました。

メイカセブンの場所

都営新宿線「大島」駅から徒歩3分程度ですが、出口(A6)が改札から離れているため、ホームからは5分以上かかります。

メイカセブンについて

77%ぶどうパンやうす皮あんぱんが有名ですが、それ以外のパンも購入できること、コーヒーと一緒に店内で食べることも可能です。

また、モーニングセット用に77%ぶどうパンも売ってます。

価格も都内のお店にしては非常に良心的。

せっかく行くなら、他のパンも食べてみてはいかがでしょうか。

 

77%ぶどうパンについて

値段

一斤は534円、ハーフの場合は267gです。

重さ

重さはマチマチだと思いますが、私たちの場合は746g。

ちなみに山崎パンのレーズンブレッドは一斤420gなので、数値でみても重さは一目瞭然です。

感想

レーズンの量は77%かは不明ですが、どこをかじってもレーズンが重なり合う様に出てきます。

また、パン生地がしっかりしているので、食べ応えがあり、1枚でもお腹にたまります。

一斤534円ならかなりお得に幸福感を感じることができます。

うす皮あんぱんについて

値段

こしあんもつぶあんも1つ185円です。

重さ

こちらも重さはマチマチだと思いますが、私たちの場合はこしあんは268g、つぶあんは275gでした。

感想

わかってましたが、あんぱんではなくまんじゅうです(笑)

パンの食感はほとんどありません。手が汚れないためにパン生地があるようなもの。

あんこの味は甘すぎず食べやすい味です。

私たちの場合は、1回に食べれる量は1/4。

ただし、残りも冷蔵保存でもパサパサにならず最後まで美味しくいただけました。

▼手で持つとズッシリ感が伝わります

▼あんこが多いせいか、包丁を入れてすぐにズッシリ感が伝わります

▼パン生地がどれだけ薄いかわかりますでしょうか

▼半分では多いので、1/4カットに整えました

個人的な感想

1ヶ月待ちの77%ぶどうぱんとうす皮あんぱん。

個人的な感想は、1ヶ月待って再度購入するかと言われたら・・・

ただ、一度試す価値は十分にあります。

近くに行く機会がある方は、ぜひ一度お試しください。

      スポンサーリンク

 - 雑記(生活あれこれ) , , , , , , ,