イランの世界遺産ペルセポリス遺跡へ行ってきた

    イランの世界遺産ペルセポリス遺跡へ行ってきた

    イランの世界遺産ペルセポリス遺跡へ行ってきた

    イランが世界に誇る大遺跡「ペルセポリス」に行ってきました。
    中東の3大遺跡をご存知でしょうか?通称中東の3P、ヨルダンのペトラ遺跡、シリアのパルミラ遺跡、そしてイランのペルセポリス遺跡です。高校で世界史を勉強している方は知ってる名前でしょう。

    ペルセポリスの行き方

    さてペルセポリスの行き方ですが、シーラズからチャータータクシーで1時間半。

    その他、バスターミナルから2本乗り継いで行けるらしいです。

    私達は自分たちでタクシーを手配しようと思いましたが、途中で面倒になり、泊まっていたホステルが提携する会社に頼んでもらいました。

    恐らく一番高いコースになるので貧乏バックパッカーにはオススメできません。

    気になる移動費用

    料金は2人で2000円ほど。誰かとシェアしてもよかったんですが、いわゆる日本人宿のようなコミュニティスペースもなかったので、リッチに2人で貸し切りです笑

    ペルセポリスの入場料

    この遺跡、歴史も相当なものですが一番ビックリしたのは入場料。なんと17円です。

    え!?桁2つくらい足りないんじゃないの?と思われる方も多いと思います。

    ちなみにインディンジョーンズで一躍有名となったヨルダンの世界遺産「ペトラ遺跡」の入場料が6200円。

    それに比べたら破格です。よく海外の世界遺産で有名な遺跡は外国人料金などがあり、現地の人がタダだったりするのに比べ、外国人ツーリストは20ドルくらい取られたりしますよね。

    そういう外国人からお金を取ろうとしない「おもてなし」のイランが好きです。

    英語表記について

    「HOTEL」「RESTRANT」「FAST FOOD」「SOUVENIA」などの英語表記があり、ここが観光地で有る事がすぐにわかります。

    到着後、お腹が空いたので園内のレストランへ。観光地だから色んなメニューがあるのかなと思ったけど、あったのはハンバーガーだけ。仕方ないよねイランだし笑

    ペルセポリス自体はそんなに広くなく、ところどころ修復している箇所もあったりしますが、残ってるレリーフは美しく、ペルシャっぽく繊細。

    ここでも日本人は大人気。ちょっと歩いてるだけで、「写真を撮ろう」と言われ列ができます。有名人ではない私達が、どこにいっても人気者になれる国イラン。たくさん観光客が来れば、きっとそんな事もなくなるんだろうけど。でも見所が多く、それでもっとアジア人、欧米系を全く見ないイランは私達のお気に入りの国です。

    ペルセポリス遺跡の入り口

    ペルセポリス遺跡の入り口

    Iran - Persepolis003_ Iran - Persepolis028_ Iran - Persepolis027_ Iran - Persepolis023_ Iran - Persepolis020_ Iran - Persepolis014_ Iran - Persepolis012_ Iran - Persepolis011_ Iran - Persepolis008_ Iran - Persepolis005_Iran - Persepolis031_ Iran - Persepolis030_ Iran - Persepolis029_

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *