南極大陸に1番近い街から、最高気温40度の場所へ1日で行ってみた。

    ウシュアイア空港

    ウシュアイア空港

    南極に1番近い街ウシュアイアから、最高気温40度の街へ1日で行ってみた。

    スクリーンショット 2013-04-24 5.12.19

    まずはウシュアイアから首都のブエノスアイレスまで3時間ほどのフライト。何日もかけてパタゴニアの最南端、ウシュアイアに行ったのに、飛行機はあっという間。やっぱり飛行機が楽。

    アルゼンチン航空

    アルゼンチン航空

    ブエノスアイレスからバスで20時間北上しイグアスの滝に来ました。

    着いた瞬間、「暑い!」この言葉しか出ません。気温40度。それ以上に湿気があり、日本の夏みたいな感覚です。24時間前まで、南極に1番近い街にいたなんて嘘のよう。同じ国でもいろんな場所があります。

    イグアスの滝はヴィクトリア、ナイアガラと並んで、世界三大瀑布(ばくふ=滝)と呼ばれており、36億リットル/分の水量は世界1とも言われています。

    イグアス国立公園の面白いのは、アルゼンチン側とブラジル側と2つの入り口と見所があることろ。今日はアルゼンチン側で見て、明日はブラジル側から見るなんて、国境にある国立公園ならではの話。ただし日本人はブラジル側に入る場合は、あらかじめブラジルビザを取得しなければいけないのが面倒だ。面倒な事は嫌いなので今回はアルゼンチン側からのみ。

    スクリーンショット 2013-04-24 5.16.00

     

    イグアスの滝

    イグアスの滝

     

    イグアスの滝

    イグアスの滝

    暑い場所にある滝って最高に気持ちいい!マイナスイオンをたっぷり浴びたい方は是非イグアスへ。

    □イグアスの滝入園料:100ペソ

    □イグアスの街〜イグアスの滝(バス往復):20ペソ

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *