タワーマンションを購入したけど2年で引っ越した理由

      2017/10/12

スポンサードリンク

最初に断っておきます。これは私たち夫婦ではなく、両親の話です。

タワーマンションに住むのって一種のステータスな気がしませんか。親が購入した時、正直かなりビックリしました。

まさかうちの親が購入するなんて...

新しい実家に行ってみると、セキュリティ万全のゲート、1階のロビーはホテルかと思うくらいお洒落なロビー。

更にはバーベキュースペースや、イベントホール、ゲストが泊まれるスペースにシアタールームも完備。本当に勝ち組マンションとは(自分の親は普通のサラリーマンですが)、この事なんだなと思うくらいです。


しかし、それから2年後、親がマンションを売却し低層マンションへ引っ越しました。

え!?なんで!?と思うかもしれません。私自身がそう思ったくらいです。

今回はなぜタワーマンションに住むのをやめたのか。買った後では遅かった失敗談をお話します。

スポンサーリンク


私の親について

  • 父は都内在住の非上場企業のサラリーマン(趣味は仕事とゴルフ)
  • 母は専業主婦のかたわら自宅で着付け教室の講師

世間一般的な呼び方をすれば、至って普通の親です。

私が幼少の頃に、東京郊外の団地にマンションを購入しましたが、転勤が多かったため売却し、ずっと賃貸マンションで生活してました。

タワーマンションのスペック

  • 山手線の下半分にある某駅から徒歩1分
  • 40階建ての30階で2LDK
  • 1階には広く綺麗なロビーラウンジ(共有)
  • ゲストルーム(共有)
  • バーベキュースペース(共有)
  • シアタールーム(共有)
  • フィットネス(共有)
  • 展望ラウンジ(共有)
  • 24時間待機のコンシェルジュ常駐(宅配からクリーニング受付まで)

Tokyo Tower010_

タワーマンションの購入理由

地方転勤を繰り返した父も50歳になり東京本社に戻り、定年まで10年。

そろそろ老後のことも考え、憧れだったタワーマンションを購入しました。

一般的には誰もが羨むマンションだったと思う。私自身もタワーマンションに住む父と母はすごいなあと思っていました。

だからこそ、タワーマンションを出て低層マンションに引っ越すと聞いた時は本当にビックリしました。

タワーマンションの売却理由(デメリット)

  1. 夏が暑すぎる
  2. 騒音がひどい
  3. エレベーター各駅問題
  4. タワマン引きこもり問題

夏が暑すぎる

タワーマンションのメリット。それは高層に行けば行く程、景色が綺麗な事だ。

しかし、夏の期間に1日中カーテンを閉め切ってしまったらどうだろうか。

TOKYO SKYTREE006_

せっかくタワーマンションに住んでるのに、景色を見れないなんて全く意味がない。

これはタワーマンションに住んでる人に多い話らしいが、高層がゆえに遮る建物が他になく、強い日光を一日中浴びる事になるらしい。

冬の間は良いだろうが、夏の昼間は地獄だと言う。

建物が熱くなったせいで、夜も熱さが残り、結果として1日中エアコンをつけなくてはいけないとの事だ。

駅直結は騒音がひどい

駅直結と聞くと、非常に便利かと思うが、実際住んでみるとそうでもないらしい。

理由は電車の騒音が酷いとの事だ。

とにかく朝5時から夜12まで、ずっと電車の音だ。せっかく大金を払ってタワーマンションを購入したのに、一日中電車の音では萎える。

電車の音がうるさいと窓を開けなくなる。その上夏はカーテンを閉め切る。空気がたまり、家がどんよりした空気になる。

結果エアコンをガンガンにつけ、電気代が凄まじい額の請求がくるという負のスパイラルに陥る。


朝のエレベーターは各駅停車

朝の通勤時間に実家にいたことはないが、とにかく渋滞するらしい。

エレベーターも常に各駅状態で、下につく頃には定員いっぱいに乗るらしい。

駅直結とうたっていても、結局10分以上かかると、とても便利とは言えない。

タワーマンションに住むと引きこもりになる

特に高層に住めば住むほど、下まで行くのが面倒になり、出不精になってしまう。

サラリーマンなら毎日嫌でも外に出なくては行けないが、退職した後の老後で出不精になってしまったら、何にもできなくなる。

よく老後を送る人で、外に出ない人は曜日感覚がなくなると言うが、タワーマンションの高層階に住むと、曜日感覚もおろか、人と会わない事で、生活が荒み、部屋も掃除せず、とにかく異臭が立ちこめるという話も聞く。

父と母はここでは老後が楽しくないと判断し、老後を迎える前に出たが、それは今でも正解だと思っている。

タワーマンションを売却し低層マンションに引っ越した

最終的に父と母は、タワーマンションを引きはらい、比較的静かで緑の多い、都内の低層マンションに引っ越した。

訪れる側はタワーマンションの方がよかったが、住んでいる親の顔を見ると、タワーマンションに住んでいた頃よりもイキイキしている。

そんな父も定年をむかえ、今は週3程度の勤務になり、空いてる日は孫と遊んだり習い事に出かけたりしている。

これがタワーマンションだったら、毎日昼間からお酒でも飲んでいたのかな・・・

もちろん年齢や職業によってはタワーマンションがベスト物件になることもあるので、全てを否定するつもりはありません。

住宅ローンについて

後日談になりますが、先日、父とタワーマンション時代の話をしていたら、売却理由に住宅ローン問題もあったとのことでした。

タワーマンションを購入した際の住宅ローン

タワーマンションを購入した際、テンションが上がったせいか、営業担当がおすすめしてくる大手銀行の住宅ローンを組んでしまったとのこと。

大手銀行の高い金利でローンを組んでしまったのが後の祭り。

テンションが下がった時期に、当初はまだ今ほど有名ではなかったモバチェック・プラザ(住宅ローン乗り換えコンサル)で無料相談したとのことでした。

モバチェック・プラザで無料相談した結果

大手銀行の住宅ローンからネット銀行の住宅ローンに乗り換えをした場合、300万円以上お得なるとわかった。

手数料も安く、乗り換えで発生する面倒な手続きも肩代わりしてくれるので、住宅ローンの乗り換えをしようと思ったが、最終的にはタワーマンションの売却に決めた。



新しいマンションを購入した際もモバチェック・プラザで相談

タワーマンションの住宅ローン問題で担当してもらった担当者がすごく親切だったこと。

また説明が分かりやすく、説明を受けてない母でも資料を見ただけでわかった事が、非常に良かったようで、新規の借り入れの際も相談したそうだ。

新規の借り入れは、父の収入や今後のライフプランを含め、100以上の金融機関から3つに絞り、そこから銀行や信用金庫の交渉までしてもらい、さらに金利を下げてもらったネット銀行に借り入れを決めてました。

面倒な書類関係も全てやってもらい、そのうえ破格の手数料だったので大満足だったそうです。

お酒の席で「この会社は絶対伸びる!!」となぜか上から目線で話してましたが(モバチェック・プラザの人が見ていたらごめんなさい)、先日のクローズアップ現代でも特集されるほど、本当に伸びてました(笑)


▲〜モバチェック・プラザについて放送してます。

餅は餅屋と言いますが、その人にあったベストな住宅ローンを、100以上の金融機関から選んでもらい、書類の手続きをしてもらえるなんて、超低金利時代ならではのビジネスですよね。

新規で住宅ローンを組む際はぜひ利用したいと思います。



その他の人気記事

      スポンサーリンク

 - 不動産 , , , , ,