個人でロシアビザを自力で申請取得する方法(一度追い返されました)

      2017/02/14

スポンサードリンク

IMG_9977

事前に友人からロシアVISAは個人で簡単に取れるときいていて、早速私たちもチャレンジ! 2週間以上あれば無料でVISAがとれるとあり、出発の2ヶ月前から準備しました。(2014年6月現在)  

ロシアの最新VISA申請情報についてはHPでご確認ください。
http://www.rusconsul.jp/hp/jp/visa/visa.html#annai

 

全体の流れ 

①VISA申請に必要なバウチャーを取得 
②ロシア大使館HP上で、オンライン査証申請フォームに入力
③ロシア大使館にVISA申請に行く(1.2 で準備したものをプリントアウト)
④ロシア領事部にVISAを受け取りにいく 
 

VISA申請に必要なバウチャーを取得

スクリーンショット(2014-08-17 23.43.07)

TravelRussia.su(http://www.travelrussia.su/en/visa.tourist.php) で、必要事項を入力し、クレジットカードで599ルーブルを支払うと、数分後にPDFファイルが送られてきました。
*一人ずつ申し込みをしました。

ロシア領事部に提出するサイト上でオンライン査証申請フォームに入力

スクリーンショット(2014-08-17 23.43.25)

https://visa.kdmid.ru/PetitionChoice.aspx

ロシア領事部にVISA申請に行く 

スクリーンショット(2014-08-17 23.41.45)

行き方:神谷町駅 2番出口をでて右手にまっすぐ歩くとセブンイレブンに着きます。そのまま信号を渡って右に曲がりましょう。3〜4分歩くと左手にロシア大使館があり門を過ぎて10歩くらい先に、領事部の入り口があります。階段をあがった2階がVISAセクション部です。(駅から徒歩10分弱です。) 

受付時間:月曜日から金曜日までの9時30分から12時30分までです。(ロシアの祝日はお休みになりますので、事前にHPで確認しましょう。) 

持ち物:「1」、「2」をプリントアウトしたもの、パスポート、写真 
①部屋に入ってすぐ左手に番号札カウンターがあるので、すぐにとりましょう。この番号札は申請時のみとる必要があります。受取り時は番号札をとる必要はなく、「3」番窓口に直接並ぶだけでOKです。たまに受け取りだけの人も番号札をとってたりするので、待ち人20人とかでも30分足らずで自分の番になります。
月・金は結構混んでおり9:45に着いて既に10名ほど待ちました。水曜日は空いていて3人待ちでした。(後述しますが、私は申請に1度失敗し、2度申請に行きました。。。)
②自分の番号が呼ばれたら、窓口に行って申請をします。 
③「3」番窓口に並び、受け取りに必要な紙をもらいます。(終了です。)
3営業日以内は1万円、4営〜2週間は4000円、2週間以降は無料です。月曜日の午前中に申請が終われば、2週間後の午前中には無料で受け取ることができます。(祝日がなければ)
 

ロシア領事部にVISAを受け取りにいく

IMG_9977

申請後、2週間後に領事部へ行きます。「3」番窓口に並び(受取時は番号札はとる必要ありません)、「3−③」でもらった紙を出します。VISAの貼られたパスポートが返却されます。VISAに記載された、滞在日、パスポート番号、氏名等に誤りがないこと確認して、終了です。

 

私は一度は追い返されました

IMG_9789

・金曜日に有給を取り申請に行ったところ、「1」で取得したバウチャーでは申請ができないと断られます。 
理由は、バウチャー内に国籍と訪問回数の記載がないから。とのことでした。その時はバウチャーの記載内容まで確認していなかった為、すごすご帰りました。

・帰宅後、バウチャーを発行した会社に「国籍と訪問回数の記載がないからVISAの申請を断られた」とメールしたところ、「ロシア語表記には記載があるし、このバウチャーで他国でも10年以上問題なくやってきた。ロシア領事部にクレームのメールをだすから名前を教えてくれ!」と、メールが返信されてきました。

*バウチャーの内容を確認したところ、このバウチャー左半分がロシア語、右半分が英語でかかれたもので、確かに左半分のロシア語表記には、国籍と訪問回数の記載がありました。ただ右半分は英語で国籍と訪問回数の記載がありませんでした。今後、このサイトでバウチャーを発行される方はサイト申請時に「Your comment to the order:」の欄に、英語表示にも国籍を訪問回数の記載をお願いすることをお勧めします。

・翌月曜日、午前休をとり、再度同じバウチャーを持ってロシア領事部へ申請に。またしても「バウチャー内に国籍と訪問回数の記載がないから。」と断られます。が、バウチャー発行会社からのメールを見せ、「今回だけは良いですよ。」と、申請してもらいました。

後は、2週間後の水曜日に(この日しか午前休がとれなかった)、無事にVISAを発行してもらいました!

スポンサーリンク


「 ロシア(夫婦旅行) 」 一覧

      スポンサーリンク

 - ロシア(夫婦旅行) , , , ,