インドで上手にお土産を買うコツ | リシケシ非公式ガイド

      2017/05/14

スポンサードリンク

DSCF4044

世界40カ国以上行って思ったこと。「洋服は現地調達に限る!!」

日本から持って行ったほうが良いものは、ハイテクアウターとハイテクインナーのみです!ハイテクインナーといえば、やっぱりユニクロのブラトップ、ヒートッテックです。アウターは好みがあると思いますが、撥水加工、できるかぎる軽くかさばらないものです。

先進国なら日本の服で十分ですが、発展途上国ではかなり浮きます。友達曰く、日本人が黒っぽい服ばかりを着るのは、日本が綺麗な国だから。1年ぶりに日本に帰国した友達は、日本の電車の中が真っ黒すぎで異様だと感じたとか。^^;

インドのような茶色い国で、黒・グレーの服は映えません。むしろ汚く見えます。やはり泥汚れを気にしなくてよい、激しく明るい赤・紫・青・緑・黄色と原色が基本です!

インドに行ったら旅の思い出に、サリー、パンジャビ作ってみてください。そして日本で着る、なんて考えないことです。どんなに高い生地で、凝ったデザインのパンジャビ・サリーを作ったところで、日本では絶対にきません。結局、部屋着になるしかないので、現地色の強いものをその期間に着倒すくらいの勢いで選んでください。

という訳で、洋服は現地調達!の私、インドのリシケシでもショッピングしてました♪買ったものをご紹介します。

パンジャピドレス2着(2着ともパンツ付きです。)

 

サリーも一瞬考えたのですが、着る場面がなさそうだったので今回はパンジャピドレスに挑戦しました!買った場所は、きいろい家の地区(タポバン)から乗合リキシャ(5~10Rs)で15分くらいのところにあるリシケシタウン。商店街みたいな感じで、野菜屋エリア、家庭用品エリア、洋服エリア。。が続いています。

洋服エリアは大量の生地が狭い中に敷き詰められています。気に入った生地のあるお店にはいって、生地を決め、採寸をする。仕組みです。生地屋と仕立て屋は別ですが、生地屋さんに仕立て屋さんがきてくれます。

パンジャピドレス、パンツ、ショールが1セットになっています。お店に入るともう大変、次から次にいろんな色の生地をみせられて、途中からどれでも良くなってくらいです。結局最初にピンときたものに決める。という結果です。これは日本でも同じでしょうか!?パンジャピドレスも、袖の長さ、形、ぴったり目ゆったり目、首もとの形(4パターン位から選ぶ)、ドレスの長さ、スリットの長さ、パンツも太め、細め、足首周り等々、結構細かく指定します。大体、1000Rs~4000Rs位でした。生地、デザイン凝ったものによって値段も相応にあがります。私のは1200Rsだったと思います。仕上がりは早くて翌日、遅くても3日後には出来上がります。

オーダーメイドシャツ(綿生地の簡単なもので100Rs)

DSCF4045 DSCF4049

2種類の生地で、同じ形のパンジャビドレスをオーダーしても違う形が出来上がってきます。笑

私の場合は、1つが長めにできあがってきたので、短くしてもらうことができ事なきを得たのですが、友人は長袖のところを、半袖で作られてしまい生地をのばすことができずに、そのまま買うはめに。。まぁ、値段も値段だし、日本のようにオーダーしたものと違うから作り直して!といっても、あの手この手で拒否してきます。インド感覚でお買い物しましょう♪

サンダル

DSCF4165

実は、旅中にはいていたビーサンが壊れてしまった為、デリーで2足買いました。2足で300Rsだったけどリシケシに行って後悔しました。地味すぎた。。ポイントは、品質は求めないことです。そもそもインドは道がわるく、砂利だらけ、泥水も多く、牛の糞もあちこちにあります。その上を、ガシガシ歩いていると(私は毎日ヨガで、ラクシュマンジュラとラムジュラを片道45分ほど)、2週間ほどで、鼻緒がきれました。更に泥水の中もジャブジャブ歩いていたので靴底がペロっといきました。普通に日本に持ち帰り、ぺたんこサンダルとして履くことはできると思いますが、見た目の安さは避けられません。

3足目はリシケシで300Rs買ったサンダル。これは可愛かった~。けどこちらも品質は上と同じくらいです。安いので、まとめ買いしていっぱい値引きしてもらいましょう♪

IMG_2377

何よりお勧めは、4足目の200Rsで買ったウェッジソールのゴムサンダル。(4足も買い過ぎでしょ?とは言わないでください。。)ウエッジといえる程おしゃれなものではありませんが、4cmくらいヒールがあります。これが大当たり、買ったその場から履いてましたが、鼻緒の部分も痛くなることなく、疲れることもなく、高さもあるので泥水に足がつかることもなく、そのままシャワールームにも行ける!このサンダルは旅の最後まで活躍し、実は日本でもゴミ出しの時にはいてます。笑

インド人は、ほぼサンダルです。冬でもサンダル。裸足にサンダル。デリーのような都会でない限り、基本女性はサリーorパンジャビなので、足下はサンダル。ジャラジャラビーズアクセ、ギラギラの腕輪に鼻ピー、太いアイライン。に派手色のサリー。インド人女性お洒落に着こなします。私のいた11月のリシケシは結構寒かったので、私は足指付き靴下にサンダル。でした。

ヨガマット&マットをいれるバッグ

ヨガマット 

DSCF4023

本当にどこでも売ってます。マットは、大体薄め200Rs~厚め400Rs位。ヨガをやっているとこでは、どこでもフリーで貸してくれますが、汚いし折角だし、新しいのを購入しました。リシケシを出るときに、アシュラムに寄付(!?)しました。

ヨガマットをしまうバッグ

DSCF4177

これもどこでも売っていて、無地で綿の80Rs~オーダーまで様々あります。
オーダーは、結構お店によって値段が違うらしく、生地、サイズ、ポケット、刺繍となんでもオーダーできるのですが、インド人適当なので、100%オーダーとおりのもの、指定日にしあがるか不安定です。笑 確実に仕上げたいのであれば、1件ずつ確認してお店の人を見たほうが良いです。
私は、220Rsでガネーシャの刺繍の入った出来合いのものを選びました。リシケシでは地味かな。と思っていましたが、日本で見ると結構派手でした!

ストール

これは、本当に綿・シルク・カシミア。。生地も大きさも柄も様々あります。

私は、ラッキーにも友人から現地で頂きました。シルクで綺麗なシルバーグレー。2000円くらいらしいです。別の友人が買ったカシミアのショールも3000円くらいで、質の良いものでした。このレベルであれば、日本でも使えます。 

その他、ヨガウェアはたっくさんあります!アラビアンパンツと言われるものから、ただのTシャツまで。全て外国人用です。インド人は普段着でヨガをするのでヨガウェアなんて不要ですから。

スポンサーリンク


インド一覧

      スポンサーリンク

 - インド , , ,